FC2ブログ

マクノスケ

マクノスケ

20150716-06.jpg

ハイネケン誘拐の代償(2015) 6/13(土)日本公開

 1983年に実際に起きた大富豪ハイネケン誘拐事件の顛末を映画化した実録犯罪サスペンス。ベストセラー・ノンフィクションを基に、未だ謎多き事件の真相に迫っていく。出演はハイネケン役にアンソニー・ホプキンス、誘拐犯役で「アクロス・ザ・ユニバース」のジム・スタージェス、「アバター」のサム・ワーシントンほか。監督は「ミレニアム2」「ミレニアム3」のダニエル・アルフレッドソン。

1983年、オランダ・アムステルダム。コル・ヴァン・ハウトは、幼なじみの仲間3人とともに経営していた会社が倒産し窮地に陥る。追い詰められた末にコルたちは大胆不敵な計画に全てを賭ける。それは、世界的ビール会社“ハイネケン”の経営者フレディ・ハイネケンを誘拐し、莫大な身代金を手に入れるというもの。綿密な計画を練り上げ、いざ実行に移すコルたち。そして予定通りハイネケンの誘拐に成功する。全てが順調に進んでいるかに思われたが、次第に歯車が狂い出す。さらに、老獪なハイネケンの食えない態度にも翻弄され、いつしか仲間同士で疑心暗鬼に陥っていくコルたちだったが…。<allcinema>


・「ミレニアム2 火と戯れる女」「ミレニアム3 眠れる女と狂卓の騎士」のダニエル・アルフレッドソン監督の新作スリラー「Kidnapping Freddy Heineken(原題)」に出演。ジム・スタージェス、アンソニー・ホプキンス、ライアン・クワンテンと共演する同作は今月下旬、ベルギーでクランクインする。(2013.10.15.)

・オランダの有名なビール会社ハイネケン会社の社長が1983年に実際に誘拐された話が元になってるようです。
2011年には社長役をルドガー・ハウアーが演じた映画もあったそうです。



関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply