マクノスケ

マクノスケ

20150629-05.jpg

びっくりするニュースが入ってきました!
5月の初旬にサムが「THE SHACK」という映画に出演することが決まったのですが、共演者としてあの石田純一の娘のすみれちゃんが出演することになりました。

この映画は原作がありまして、日本でも「神の小屋」というタイトルで翻訳されて出版されています。物語は…
平凡な男のマック。娘が誘拐され、ある山小屋から娘の血に染まった服が発見されるも消息不明のまま4年が過ぎたある日、「あの小屋へ来ないか」と招待状が届く。出掛けたマックを待っていたのは「神」「イエス」「聖霊」を名乗る3人の人物だった…

原作では「神」はアフリカ系の女性で、アカデミー賞で助演女優賞を受賞しているオクタヴィア・スペンサー(45)が演じることが発表されていたんですが「聖霊」はアジア系の女性ということで、すみれちゃんが選ばれたみたいなんです。IMDBにはまだ記載がありませんが、そのうちアップされると思われます。すごい!すみれちゃん、サムとの共演応援してるよ-!!

しかも、下記に引用した記事にもかいてあるようにこの作品…
家族の再生をキリスト教のメッセージを通して描いた原作の内容からも
「完全にオスカーを狙った作品」(映画関係者)といわれている。

…って、私としてはサムが、そんな作品に主演することになったのも感無量。

ただ心配なのは、原作を読んでないので先入観になりますが…
宗教、それも精神世界を題材にしているという点や三位一体(父と子と聖霊)とはなんぞやと
いうなじみのなさから公開スルーになるかもしれないというおそれもあるかな~と。
せめて単館系だけでも上映して貰って、ビデオリリースという運びになると良いんですけど
まあ、すみれちゃんが出ているので大丈夫かなあ。
あ~それからサムが演じるマックの奥さんナン役にラダ・ミッチェル
彼女もオーストラリアの出身でサムとは2007年の「マンイーター」で共演してるんですよ。
あの時は素行の悪いニール(サム)に愛想を尽かして別れた元恋人同士って設定でした。

IMDB : 「THE SHACK」ページ
ウィキペディア: 三位一体

すみれ、ハリウッド大役!デビュー作で「アバター」主演俳優と共演
スポニチ : http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/06/29/kiji/K20150629010633270.html

タレントのすみれ(24)がハリウッド映画の大役に抜てきされた。現在製作中の「The Shack」で、世界歴代No・1ヒット作「アバター」の主演俳優サム・ワーシントン(38)との共演。主人公と密接に関わる正真正銘の大役をハリウッドデビュー作で射止めたすみれは、スポニチ本紙の取材に「日本の皆さんが誇りに思ってくれるよう頑張ってきます」と約束。撮影のため成田空港から笑顔で飛び立った。

 世界の映画産業の頂点ハリウッドでもなでしこ旋風だ!すみれに合格の知らせがあったのは今月中旬。京都で時代劇の撮影をしていた最中で「着物にカツラ姿で、OH MY GOD!って何度も叫んじゃいました」

 真っ先に電話したのは母親で女優の松原千明(57)。「エーッ!と驚いたら泣き始めちゃって。絶対(ハリウッド女優に)なると信じていたって。私も胸が熱くなりました。ママがずっと応援して支えてくれたおかげだったから」

 「The Shack」は全米で400万部を突破した大ベストセラー小説(邦題「神の小屋」)が原作。カナダ人作家のウィリアム・ポール・ヤング氏が子供たちに読ませたくて自費出版したが「人生を変える作品」として多くの人の心を捉え、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストで20週連続1位を記録。世界で1000万部売れたとされる。

 映画化するのは06年に「クラッシュ」でアカデミー作品賞を獲得し、人気ホラー映画「ソウ」シリーズでも知られる製作会社ライオンズゲート。すみれを抜てきしたのはプロデューサーのギル・ネッター氏で「ライフ・オブ・パイ」で13年アカデミー賞最多の4冠を獲得したらつ腕。娘を殺された家族の再生をキリスト教のメッセージを通して描いた原作の内容からも「完全にオスカーを狙った作品」(映画関係者)といわれている。

 すみれがどれほど重要な役を射止めたかは、共演者が示している。物語は、サム・ワーシントン演じる主人公と「神」「イエス」「聖霊」の不思議な三者との出会いが中心。すみれはつかみどころのない不思議な聖霊サラユー役で、アジア系米国人や中国のスター女優らを退けてつかんだ。神役は、12年アカデミー賞で助演女優賞に輝いたオクタヴィア・スペンサー(45)。米映画界屈指の演技派と肩を並べる大役で、すみれも「多くのことを学びたい」と力が入っている。

 監督は09年のサスペンス映画「エグザム」で脚光を浴びたスチュアート・ヘイゼルダイン氏(43)。撮影は30日からで「ハリウッドでもブロードウェーでも活躍できる人になりたい。コメディーにも歌にも挑戦したい」と大きな夢に胸を膨らませて旅立った。

[ 2015年6月29日 08:30


関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply