FC2ブログ

マクノスケ

マクノスケ

sam-20191212-01.jpg

12月6日の「クランクイン!」のニュースになります。
今年の最初の頃、キャプチャシーンの撮影が終了していたそうなんですが、
これは主だったシーンだけだったようで、その後のセットを使ったシーンの
年内の撮影が終わったってことなのかしらね。
やっぱり海が舞台になるってのは、監督的に「アビス」っぽくなるって感じかなあ。

もしサムが撮影に参加していたようだったらご苦労様でしたと言ってあげたいですね。
この先もあとどれだけ追加撮影があるかはわからないけど、公開に向けて
来年も頑張って欲しいです。



 ジェームズ・キャメロン監督が放つ3DSF大作『アバター』の続編。現地時間2021年12月17日の第2弾の全米公開に向けて撮影が進められていたが、2019年の撮影が終了したという。新たな撮影セット写真と共に、公式ツイッターで発表された。

【写真】ツイッターで公開された『アバター』撮影セット写真
 『アバター』公式ツイッターより現地時間11月29日、「終了だ、ナヴィ族よ! 2019年における実写撮影の最終日を、チラ見せでお祝いしよう」とツイートがあり、新しい撮影セットの写真が公開された。

 写真は、他の海洋船舶を運ぶ巨大母艦シードラゴンの船尾のウェルドック(ドック式の格納庫)部分になるという。『アバター』第2弾については多くがヴェールに包まれたままだが、ジェイク役のサム・ワーシントン、ネイティリ役のゾーイ・サルダナ、グレース・オーガスティン役のシガニー・ウィーバー、クオリッチ大佐役のスティーヴン・ラングなどが続投するほか、ケイト・ウィンスレット、ミッシェル・ヨーが新キャストとして加わっている。

 『アバター』続編の撮影に関しては、今年初めに第2弾と第3弾の撮影が終了したと報じられたが、あとでキャメロン監督がモーションキャプチャーの主要撮影の話だったと訂正していた。

 準備や撮影が延び、『アバター』第2弾の全米公開予定日は当初の2020年12月18日から1年遅れの2021年12月17日に変更になった。公式ツイッターでは「近いうちに予告編が公開されるか?」という質問に対して、「残念ながら、近々はない(ごめんなさい!)」と回答しつつ、2020年にはモバイルゲーム『Avatar:Pandora Rising(原題)』がリリースされるとコメントしている。



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply